豊田高専の外部単位(課題研究甲)まとめ

課題研究甲とは

課題研究甲(外部単位と呼ばれることも)とは、豊田高専が定めた国家資格等に合格した際に、豊田高専における単位として認定してくれる仕組みである。この仕組みを利用すれば、必修科目以外のすべての単位を落としても卒業することが可能である。

注意点

課題研究甲の申請にはいくつか注意する点がある。

取得時期

豊田高専の学生便覧にいかのような記述があることから、中学在籍時に取得した資格は認定されません。あくまでも高専に入ってから(入学年度の4月1日以降)受験するようにしましょう。

課題研究甲は、教員の指導のもとに研究に従事し,別に定める技能検定合格した者に対して単位の修得を認定する 。(一部改変)

https://www.toyota-ct.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/H30binran.pdf

休学中はだめ

同様に休学中に取得したものも認定されません。あくまでも学校の管理下における単位を認めるというスタンスなのでしょう。

休学期間中及び休学により原級留置となった年度中に受検して合格した場合は,課題研究による単位の 修得は認定しない

https://www.toyota-ct.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2018/04/H30binran.pdf

課題研究甲一覧(平成30年度)

一般科目(全学科共通)

資格名称 難易度 認定単位数

実用数学技能検定
 1級
 準1級
 2級
 準2級


分からん

6
4
2
1

実用英語技能検定
 1級
 準1級
 2級
 準2級


激ムズ
ムズイ
ちょいムズ
まあまあ

8
6
4
2
工業英検
 1級
 2級
 準2級
 3級
 4級
分からん
6
4
3
2
1
TOEIC
 730-
 650-729
 570-649
 500-569
 450-499
 400-449
分からん
6
5
4
3
2
1
ドイツ語検定
 1級
 準1級
 2級
 3級
 4級
分からん
8
6
4
2
1
フランス語検定
 1級
 準1級
 2級
 準2級
 3級
 4級
分からん
8
6
4
3
2
1
スペイン語検定
 1級
 2級
 3級
 4級
 5級
分からん
8
6
4
2
1
漢検
 1級
 準1級
 2級
常用外だよね?
3
2
1

専門科目(全学科共通)

資格名称 単位数
ディジタル技術検定
 3級
 2級
 1級

3
2
1
CGエンジニア検定エキスパート 1
技術士第一次試験 2
ITパスワード
基本情報技術者
応用情報技術者
1
2
4
応用情報の上位資格のすべて 8

専門科目(学科ごと)

学科 資格名称 単位
機械 CAD利用者技術者
 1級
 2級

2
1
機械 機械設計技術者3級 2
電気・電子・システム 電気主任技術者
 3種
 2種

6
4
電気・電子・システム 陸上無線技術士
 1級
 2級

6
4
電気・電子・システム 電気通信主任技術者
 電路
 伝送交換

1
1
電気・電子・システム CAD利用技術者1級 2
電気・電子・システム 第二種電気工事士 2
電気・電子・システム エネルギー管理士 3
環境都市 測量士
測量士補
4
2
環境都市 CAD利用技術者
 2級
 1級

2
1

環境都市

土木施工管理技士
管工事施工管理技士
造園施工管理技士
1(いづれか1つ認定)
環境都市 ビオトープ計画管理士
ビオトープ施工管理士
1(いづれか1つ認定)
環境都市 環境計量士
一般計量士
4(いづれか1つ認定)
環境都市 公害防止管理者 2
建設学科 宅建士 2
建設学科 福祉住環境コー
ディネーター検定
 1級
 2級
 3級


3
2
1
建設学科 CAD利用技術者
 1級
 2級

2
1

以上の表は、すべて 豊田高専のHPより引用 アクセス日2019年8月13日
例外規定等は当該HPの方をご確認ください。

最後に

上の表をまとめていて思ったことは、豊田高専は外部単位の種類が多いこと。
沼津高専の2倍から3倍くらいあるし、この前趣味で勉強して受験してきた電気工事士で2単位の外部単位が認められていて、豊田高専に入学したかったと後悔しています、、、。
見た感じ工業に関する主要な資格は網羅されていて、素晴らしいカリキュラムを持っている高専だと思います。
また、豊田高専には課題研究甲(外部単位)の最大認定数が書かれていなかったので、もしかして無限に単位取得できるのかな?知っている人がいたらコメント欄で教えてください。

全国の高専の外部単位を調査中!!全国高専の外部単位はこちらから見れます!

編集 asyano.jp
< 内容に誤りのある場合は、こちらよりお知らせいただけると幸いです。>