沼津高専の外部単位まとめ

外部単位とは

外部単位とは、沼津高専が定めた国家資格等を取得した際に、沼津高専における単位として認定してくれる仕組みである。この仕組みを利用すれば、最大30単位は落としても進級・卒業することが可能だ。
(注:卒業には単位数以外にも卒業要件が存在します。詳しくはこちらを参照ください。)

学外の教育機関における学修及び定められている技能検定の合格についても、30単位を超えない範囲で修得単位として認定されます。

沼津高専学生生活の手引きより引用

注意点

外部単位の申請には何点か注意すべき点があります。

取得時期

外部単位は、学生が学校に在籍している期間に取得した資格でないと認定されません。つまり、入学する年の4月1日以降に資格が認定されていないといけないため、中学の時に取った英検準2級は認定されないです。
(管理人は英検準2級は持ってるものの、認定されてません。)

申請する時期

外部単位の申請は学年末試験の始まる日の7日前までに所定の用紙に資格取得をした事実を証明できる書類を添えて提出し、申請する必要があります。これ以降に提出すると、来年度に外部単位が認定されます。

管理人が認定された外部単位

1年次

3級知的財産管理技能検定-1単位

2年次

危険物取扱者乙類4種-1単位

外部単位一覧

資格名称 認定単位数
英検
 1級
 準1級
 2級
 準2級

7
5
3
1
TOEIC
 860-
 795-855
 730-790
 665-725
 600-660
 535-595
 470-530

7
6
5
4
3
2
1
TOEIC Bridge
 150-
1
TOEFL(iBT)
 100-
 92-99
 81-91
 72-80
 64-71
 56-63
 48-55

7
6
5
4
3
2
1
ドイツ語検定
 3級
 4級
 5級

4
2
1
工業英検
 1級
 2級
 準2級
 3級
 4級
 
6
4
3
2
1
ディジタル技能検定
 1級
 2級
 3級

4
2
1
機械設計技術者
試験3級
3
CAD利用技術者2級2
電気主任技術者3種
 理論
 電力
 機械
 法規

1
1
1
1
陸上無線技術士2級
 基礎
 無線A
 無線B
 法規

1
1
1
1
基本情報技術者2
応用情報技術者3
知的財産
管理技能検定

 2級
 3級


2
1
危険物取扱者
 甲種
 乙種
3
1

注)電験と陸上無線技術士はそれぞれ最大2単位のみ認定。3種若しくは2級を取得するとそれぞれ3単位認定。危険物は乙種を重複取得した場合は最大3単位まで認定。ディジタル技術検定は各部門最大4単位まで(最大8単位)認定。英語関係(英検、TOEIC、TOEICBridge、TOEFL)の重複取得時は重複取得した中の最大の単位のみを認定。
例)英検2級(3単位)取得後TOEIC540点(2単位)を取得した場合、最大単位の3単位のみを認定し、TOEICは認定しない。

表及び注釈及び例は学校生活の手引きp54より引用

簡単に取得できる外部単位

めっちゃ簡単

危険物取扱者 乙1種から乙6種  それぞれ1単位(最大3単位まで認定)
ドイツ語検定 5級        1単位

簡単

工業英検      4級    1単位
知的財産管理技能士 3級    1単位
TOEIC Bridge    150点   1単位
英検         準2級  1単位

学科ごとおすすめな外部単位

M(機械工学科)
 機械設計技術者
 CAD利用技術者

E(電気電子工学科)
 電気主任技術者(電験)
 陸上無線技術士

D(電子制御工学科)
 工業英検
 基本情報技術者
 応用情報技術者

S(制御情報工学科)
 基本情報技術者
 応用情報技術者

C(物質工学科)
 危険物取扱者甲種

最後に

外部単位は、夏休みなどの暇な時間を単位に変換でき、自分を磨くこともできる魔法の制度です。
是非、沼津高専生は利用してみてほしい制度です。あと、この記事見ているかもしれない沼津高専に入ろうとしている中学生は、早とちりして入学前に資格を取らないことには注意してください。

↓↓↓この記事を見た人におすすめな記事↓↓↓

現役高専生が、高専在学中に取るべき資格を紹介します。 資格を取るメリット・デメリット 外部単位になる 外部単位と...