全国高専の常時SSL化対応状況を調べてみた。

常時SSL化とは

スマホでサイトを見る際に「保護されていない通信」といった警告を見たことはないでしょうか?そのページが本当に危険かどうかは置いておいて、そのように表示されるサイトは常時SSL化が行われていない証拠です。

  • 常時SSL化は利用者の安心感向上やセキュリティ向上のために行われる。
  • 2018年10月に総務省が自治体に常時SSL化をするように通達した。
  • ただし、総務省は常時SSL化されていない模様。
  • 大手IT企業は既に常時SSL化が進んでいる。

自分は、日本の工業の未来を支える技術者を育成している高専では当然ホームページの常時SSL化程度は既に終わっているでしょう。と今回の調査の前までは思っていました。そう。調査の前までは。

調査方法等

  • 文科省の高専一覧のリンクにアクセスし、常時SSL化状況を調査。
  • 2019年8月26日現在の情報である。手作業だからミスがあるかも。
  • トップページがSSL化されているかを調査。
  • 国際高専だけはgoogleで調べてトップページにアクセスした。

調査結果

  • 全国57高専の内常時SSL化がされていたのはたったの24高専(42%)
  • 機構本部は既にされており、文科省はされていなかった。

感想

  • 酷い。その一言に尽きる。高専って理系の学校だよね?????
  • 技術者の育成はホームページのSSL化からしてほしいと思った。
  • にしても、総務省は常時SSL化を推奨しておいて、総務省が常時SSL化をしていないのかが疑問

あくまでも推測ですが、今後google等の検索エンジンは常時SSL化非対応ホームページを検索結果から除外する可能性(=つまり、高専のHPにアクセスできなくなる可能性)もあります。それほど、常時SSL化というものは大切なものです。高専にはぜひ対応していってほしいと思います。

高専常時SSL化対応状況表

対応済みの高専 

苫小牧工業高等専門学校
釧路工業高等専門学校
一関工業高等専門学校
仙台高等専門学校
秋田工業高等専門学校
鶴岡工業高等専門学校
小山工業高等専門学校
東京工業高等専門学校
東京都立産業技術高等専門学校
富山高等専門学校
福井工業高等専門学校
豊田工業高等専門学校
鈴鹿工業高等専門学校
明石工業高等専門学校
奈良工業高等専門学校
大阪府立工業高等専門学校
国際工業高等専門学校
近畿大学工業高等専門学校
米子工業高等専門学校
呉工業高等専門学校
阿南工業高等専門学校
有明工業高等専門学校
熊本高等専門学校
都城工業高等専門学校

非対応の高専

函館工業高等専門学校
旭川工業高等専門学校
八戸工業高等専門学校
福島工業高等専門学校
茨城工業高等専門学校
群馬工業高等専門学校
木更津工業高等専門学校
長岡工業高等専門学校
長野工業高等専門学校
サレジオ工業高等専門学校
石川工業高等専門学校
岐阜工業高等専門学校
沼津工業高等専門学校
舞鶴工業高等専門学校
和歌山工業高等専門学校
鳥羽商船高等専門学校
神戸市立工業高等専門学校
松江工業高等専門学校
津山工業高等専門学校
徳山工業高等専門学校
宇部工業高等専門学校
香川高等専門学校
新居浜工業高等専門学校
高知工業高等専門学校
広島商船高等専門学校
大島商船高等専門学校
弓削商船高等専門学校
久留米工業高等専門学校
北九州工業高等専門学校
佐世保工業高等専門学校
大分工業高等専門学校
鹿児島工業高等専門学校
沖縄工業高等専門学校