LOLIPOP!でHTTPSにリダイレクトさせる方法

HTTPとHTTPSとは

ロリポップ!のレンタルサーバでは独自ドメイン(無料)のサービスを行っており、特別な申請や費用が必要なく常時SSL化をすることが可能です。常時SSL化(簡単に言うと暗号化)を行うと、URLの先頭がhttpからhttpsに代わり、SEO上のメリットも受けられるなどのいいことがたくさんあります。

常時SSL化をしてないと・・・


例えば、Google Chromeで常時SSL化をしていないHPにアクセスすると、

図1 保護されていない通信の例

このように、「保護されていない通信」と明記され、個人情報を入力しないように警告されます。
この警告は、HPの利用者を不安にさせますし、自分自身、常時SSL化していないHPに自ら進んでアクセスしたいとは思いません

常時SSL化は済んでいるはずなのに・・・

当サイトではロリポップ!の提供する無料の常時SSL化の機能を利用してHPの公開をする際に常時SSL化の手続きを終わらせていました

しかし、Google Chromeのアドレスバーに「http://asyano.jp/contact」と入力すると、図1のように「保護されていない通信」という警告が表示されてします。常時SSL化を完了させているのにも関わらずです

http→httpsに自動転送させる(リダイレクト)

常時SSL化(https化)が完了していても、先頭をhttpとURLの直打ちされるとSSL化されていない通信(保護されていない通信)となってしまいます。その対策として、httpでアクセスしようとしたら、httpsに自動的に転送(リダイレクト)させる必要があります

詳しくは参考にさせていただいたサイトを見ていただきたいのですが、当HPでも簡単にその方法を紹介したいと思います。

1.ロリポップ!FTPにアクセスする。
2.リダイレクトさせたいHPのファイルの真下の
「.htaccess」ファイル内の
所定の区域内に所定の文字を打ち込む。

 引用:https://digital-life.club/hp/redirection-to-https-for-lolipop

とこの2手順を踏むだけで、URL直打ちでHPにアクセスしてきた人も例外なくhttps化(常時SSL化)されたHPにアクセスすることができます!

試しに

試しに、http://asyano.jp/contactにアクセスしてみてください。自動的にhttpsにリダイレクトされるはずです。

HP運用開始後、URL直打ちで自分のHPに飛ぶことが多かったのですが、「保護されていない通信」と書かれていることに違和感があって、どうにかして直せないものかと調べていたら、参考にさせていただいたサイトに行き着きました。今現在、常時SSL化がされていないサイトはSEO上で不利になりつつあり、間違ったら今後常時SSL化されていないHPにアクセスできなくなる日が来るかもしれません。

参考: https://digital-life.club/hp/redirection-to-https-for-lolipop
アクセス日:2019年7月31日