高専のあれこれ

高専って何でしょうか?そこら辺の高専生に聞くと

  • 女子が少ない
  • レポートに忙しい
  • 勉強がハード・留年しやすい
  • (良い意味の)変人が多い
  • 高等教育機関

と答えてくれるかもしれません。

確かに高専は、上に書かれたような特徴を持っていますが、何か違う気がします。

私なら、「高専 = チャンスの塊」と答えます。

良く考えてみてください。1年次からこんな環境で勉強することができるのです。

  • 博士号持ちの先生(※)
  • 文系科目を犠牲にしたカリキュラム(※)
  • 1年次から専門的な実験や勉強
  • 充実した設備

これらの充実した環境は、理系科目が好きな学生にとっては天国みたいな環境になり、工学分野を早い時期に深められるチャンスとなると思います。

しかし、なんとなく高専を選んだ学生にとっては、地獄のような環境になります。

現に、高専に入学した1~2割の学生は5年間で卒業できませんし、中には中退する人もいます。

高専を夢見る中学生には、「高専が自分にとって天国か地獄か見極めろ」と言いたいです

高専という選択は生半可な気持ちで選んでいい物ではありませんし、少しでも迷う気持ちがあるなら高校に進むべきだと私は思っています。

このブログが高専という選択をする際の資料となれば幸いです。

当ブログでは、中学生や保護者の皆様から「高専」や「進路」に関する質問や相談をお受けしています。もし、聞きたいことがあれば、こちらのページに書かれている方法で当方までお知らせください。

記事

当ブログでは高専関連の記事を、「高専寮」「高専の勉強」「高専外部単位制度」「沼津高専」の4つに区分けして掲載しています。

また、高専寮に入る方には、【コツ】沼津高専寮の新入寮生に伝えたいことをぜひ読んでいただきたいです!

PCなら画面右上、スマホなら記事下側の検索欄を使って検索をしていただくと、より詳細に検索をしていただけますのでご活用ください。

要望など

こんな記事を書いてほしい!等のご要望がございましたら、こちらのお問い合わせフォームよりお知らせください。





※例外はあります。

※語弊もあります。


タイトルとURLをコピーしました