【2021年最新】未成年がAmazonアソシエイトに一発合格した方法を紹介します!

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトとは?

Amazonアソシエイトとは、ブログなどでAmazonの商品を紹介し、ブログの閲覧者がその紹介から、商品を購入した場合に、ブログの運営者に所定の紹介料が支払われるプログラムです。

Amazonアソシエイトに参加するメリットとして、

  • 既に多くのAmazon会員がいるため、購入されやすい
  • Amazonの商品の数が豊富なため、使い勝手が良い
  • Prime会員の人は、購入金額によらず送料無料なため、購入されやすい

等が挙げられます。

一方、デメリットとして、

  • Amazonアソシエイトに参加には、厳しい審査を通過する必要性がある
  • Amazonの紹介料は、他のサイトと比べ低い場合もある
  • 紹介料を現金で受け取る場合5000円に達しないと振り込まれない
  • 未成年者は、原則として参加できない

などが挙げられます。

未成年者がAmazonアソシエイトに参加する方法

Amazonアソシエイトに参加するデメリットとして、「未成年者は参加できない」というものを挙げましたが、例外的に未成年者でもAmazonアソシエイトに参加する方法があるので、紹介します。

簡単にまとめると、以下のようなステップを踏む必要があります。

Amazonアソシエイト参加までの道のり
  • STEP1
    Amazonアソシエイトアカウントを作成する
  • STEP2
    「適格な」売り上げを3つ発生させる
  • STEP3
    Amazonによる審査が自動的に行われる
  • STEP4
    Amazonに未成年である旨を申告する
  • STEP5
    Amazonに「保護者の同意書」を送る

各STEPについて詳しく説明していきます。

STEP1 Amazonアソシエイトアカウントを作成する

まず、「Amazonアソシエイト・プログラム」にアクセスし、アソシエイトのアカウントを作成します。すでにお持ちのAmazonアカウントをそのまま連携して、利用することも可能です。

登録後、「アソシエイト・プログラムへようこそ!」という件名のメールが届いたことを確認してください。

STEP2 「適格な」売り上げを3つ発生させる

アソシエイトアカウントを作成しても、Amazonによるサイトの審査前の場合は、紹介料が振り込まれることがありません。

Amazonによるサイトの審査を受けるためには、「180日以内に3つ以上の適格な売り上げを発生させる」必要があります。すなわち、あなたのサイトから3人の人がAmazonの商品を購入する必要があるということです。(1人の人が複数個の商品を購入した場合でも、それは1つの売り上げとカウントされます)

審査前のアカウントは、Rinkerなどで使われる、「PA-API」を利用することができません。私は、PA-APIを利用しなくても良い、katteneという商品リンク作成ツールを利用していました。

STEP3 Amazonによる審査が自動的に行われる

「180日以内に3つ以上の売り上げを発生」させた時点で、自動的にAmazonによるサイトの審査が行われます。私の場合は、3つ目の売り上げが発生した2日後に、「Amazon.jp Associates プログラム-アプリケーションが承認されました」というメールが届きました。

STEP4 Amazonに未成年である旨を申告する

「Amazon.jp Associates プログラム-アプリケーションが承認されました」というメールが届いたら、未成年者の場合、「お問い合わせフォーム」から未成年である旨を申告する必要があります。

私が、Amazonに申請する際に使用した文言を以下に書いておきますので、もしよかったらご利用ください。

○○月○○日に、Amazonアソシエイトに参加させていただき、○○月○○日に3つの適正な売り上げを発生させ、本日「Amazon.jp Associates プログラム-アプリケーションが承認されました」というメールにて、Amazonアソシエイトの審査に合格させていただきました。

迅速なご対応をいただきありがとうございました。

さて、私は、未成年者であるため、タイトル「アソシエイト・プログラムへようこそ!」のメール中の「未成年者への注意」にある通り、保護者同意書の取得について問い合わせをさせていただきます。

保護者同意書の取得の方法について、ご教授いただけますと幸いです。

お忙しい中お手数をおかけしますがご返信のほどよろしくお願いします。

STEP5 Amazonに「保護者の同意書」を送る

私の場合は、問い合わせフォームから問い合わせを送信した、約10分後に以下のような返信が来ました。(タイプミスではないです。10後です。Amazonのサポートぱねえ)

未成年者が参加をご希望の場合は以下のお手続きをお願いいたします。

(1)「未成年者のプログラム参加同意書」に保護者の署名してもらう
(2) 記入を完了した書類をAmazonに送付する

(実際はもっと詳しく書かれています)

これに従って、メールに書かれている必要事項を記入して、親に署名してもらった文章をAmazonに普通郵便で送りました。

自分が送った未成年者のプログラム参加同意書(Word版・PDF版)を載せておきますので、使いたい方はどうぞご利用ください。

Amazonから同意書受領のメールが届く

ほかの方のブログを見ていたりすると、同意書が到着したらメールで連絡があるようなことが書いてありましたが、同意書を送ってから1カ月程度だった現在、私の元にはそういったメールは到着していません。

もし、同意書受領のメールが届いたら追記します。

審査に一発合格するコツ

このブログが、Amazonアソシエイトに合格したときに注意したことを紹介したいと思います。

まず、審査当時のこのブログのステータスは、

  • Google Adsense 審査合格済み
  • プライバシーポリシー設置済み
  • 60記事・月3000PV
  • Amazonの商品URLを何個か貼りつけ
  • 審査時は、Prime会員では無かった
  • ブログ内にAmazonアソシエイト・プログラムの参加者であることの明記済み

こんな感じでした。

「Prime会員だと、審査合格の可能性が上がる」みたいなことがネット記事に書いてありましたが、自分はPrime会員でなくても審査に一発で通過することができました。Prime会員か否かよりも、ブログの記事が健全であることの方が大切だと思います。

特に、これと言ってAmazonアソシエイトの審査対策としてやったことはありませんでしたが、「閲覧者にとって有益な情報を提供する」ことを意識しながら、記事を書いていました。

もちろん、Amazonの審査を何度受けても受からなかった場合は、Prime会員になってみても良いかもしれませんが、最初からわざわざPrime会員である必要はないと思います。

まとめ

2021年の最新の未成年者がAmazonアソシエイトに合格する方法をまとめました。

2020年の5月くらいに、未成年者がAmazonアソシエイトを利用する手順が「審査→同意書送付→利用開始」から「アカウント作成→売上実績→審査→同意書送付」という形に変わりました。

ブロガーにとってAmazonの紹介によって報酬を受け取れるようにしておくことは大切です。未成年だから...と言って最初からあきらめずに、適切な手順を踏んでAmazonアソシエイトに参加できるようにしておきましょう!

このブログが良いと思ってくださったら、ご支援をお願いします!

※OFUSEは登録不要で、50円から簡単にクリエイターを支援できるサービスです。

OFUSEで支援する

HP作成日記
スポンサーリンク
asyano.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました