長岡高専の外部単位まとめ

外部単位とは

外部単位とは、長岡高専が定めた国家資格等を取得した際に、長岡高専における単位として認定してくれる仕組みである。この仕組みを利用すれば、一部の授業を出席無くても出席した扱いとなり、別に定める評点となる。

注意点

学則に以下のように規定があることから、当該学年の1月31日までに申請をしない場合、単位として認められなくなる。申請の際には注意されたい。

当該年度の1月31日を申請期限とし、 期限までに申請しなければ、当該学年の科目を認定できないものとする。

長岡高専 学則より引用 一部改変

外部単位一覧

科目名(授業名) 申請できる学年 資格名称 (成績表の)評語
英語ⅢA 3年 TOEIC600以上 A(95)
英語ⅢB 3年 TOEIC800以上 A(95)
英語多読 3年 TOEIC600以上 A(95)
英語演習 3年
4年
TOEIC600以上
英検1級
英検準1級
A(95)
化学英語 3年
4年
TOEIC800以上
英検1級
英検準1級
A(95)
英語A
英語V
3年
4年
TOEIC600以上
英検1級
英検準1級
A(95)
英語A
英語V
4年
5年
TOEIC470以上
英検2級
A(90)

以上の表は長岡高専HP学則より引用 例外規定等は当該HPのP201を参照されたい。
アクセス日2019年8月17日

最後に

長岡高専の外部単位制度は他高専とは大きく異なった英語特化型であり、認定される単位が従来授業で認定される単位であることに驚きました。他高専では授業の認定とは別に単位が認定される方式が一般的ですので。
少し気になったのは、英語演習と化学演習はそれぞれTOEICだと600以上か800以上を取らないといけないのに、英検だと準1級を取ればよくなっていて、これはいいのか?と思っていました。
改善されたら書き直しますのでコメント欄から教えてくれると嬉しいです。

↓↓↓この記事を見た人におすすめな記事↓↓↓

現役高専生が、高専在学中に取るべき資格を紹介します。 資格を取るメリット・デメリット 外部単位になる 外部単位と...